お問い合わせ 0727-563714

kiikogenカジノの世界へようこそ

Beating the Roulette Odds by Computer Prediction

コンピューターであたりを予測しよう

多くのルーレットのプログラマーは理論上、完璧なルーレットの数学的モデルを完成させるためにまず物理的な動きをグラフにして表します。このようなモデルを完成させるためには通常、基本となるデータとしてボールの位置や速さ、また決められた時間内でのボールとホイールヘッドの減速度などを必要としています。いかなる場合でもルーレットの予測ソフトウェアを使う時は、正確な数字を出すためにホイールヘッドの位置とボールの位置を把握しておかなければなりません。

 

プログラマーの中には、素晴らしい数学的モデルを考案してもミスをする人もいます。彼らは自分達の考えた数学的モデルを起用したルーレットの予測プログラムを作り出しています。しかし専門家たちによると、一つのモデルケースに頼った予測プログラムでは意味がないと言われています。なぜなら、ルーレットの世界は理論的に割り切れるものではないからです。しかしながら、プログラマーたちがその問題に気づくのには時間がかかりそうです。彼らはルーレットの根本的なコンセプトを理解するのに時間がかかることでしょう。こういったアナリスト達は予測プログラムが当たるときもあれば当たらないときもあるという事を理解しています。中には一日の始まりが人間が一番が注意深く、タイミングもより正確である時間であるために予測プログラムを使うのに適していると信じているものもいますし、その反対に思っているものもいます。予測プログラムがうまく機能しないと、機械のタイミングスイッチが敏感すぎるというものもいれば、また十分反応してないと言ったり、数学的モデルに問題があると言ったり、またプログラムがバグに犯されていると主張する人もいます。

O他のアナリスト達は各ルーレット盤のホイールヘッドの減速度はそのホイールヘッドの軸の種類とコンディションによって変わると認識しています。同じことがルーレットボールの減速度にも言え、それはボールの種類とコンディションによるもので、ボールのサイズや重さはあまり関係ないと認識しています。しかしながら、また別の問題もあります。http;//www.live blackjackjapan.com/ それはボールが落ちる点を正確に予測するという事ですが、これが良い結果を出すためのカギとなる要素になります。

プログラマーは通常、数学的モデルを使ってルーレットの当たりを推測します。それはボールが特定のスピードまで減速したらポケットへ落ちるというものです。しかし実際のルーレットではそうはいきません。たとえボールが最低速度まで減速したとしても、ルーレット盤そのものが少し曲がっているためにボールは予測よりも半回転分多く回転するかもしれないのです。そのほかの場合にも、ルーレット盤上の小さな突起物や使い古されてできた溝のゆがみのせいでボールが予測よりも半回転早くポケットへ落ちることもあります。

つまり結果として、どんな精密な数学的モデルを利用しても、ルーレットのボールがいつどのポケットへ落ちるかという事を正確に予測することはできないという事です。ボールが落ちるタイミングを正確に測定することが組織立てて予測することよりも大事になってきます。

予測プログラムの正しい発明

ついに、アナリスト達はルーレットの数学的モデルに沿った流れを処理する方法を発見しました。プレーヤーが特定のテーブルを選んだら、必ず最初にそのテーブルの特徴を見つけることです。そうすればルーレット盤が持つあらゆる特徴をプログラムのデータベースに使用することができます。

典型的なハードウェアのセットアップにはタイミングを入力する機器(手動で操作される小さなプッシュボタン式)が備わっており、それは薄くしなやかなケーブルを通ってポケットサイズのコンピューターへとつながっています。コンピューターからの出力信号は内部のスピーカーラインから取り入れられ、非常に小さな無線送信機へと送られます。http://www.blackjack21 japan.com/ このようなセットアップは二人一組つまり、賭けをする人とタイミングを計る人の二人一組で操作されます。タイミングを計る役の人はポケットに隠したプッシュボタンを押して洋服の下に隠したコンピューターにタイミングの動向を送っています。ここで送られたタイミングの情報を元にプログラムが当たりの数字を予測しルーレットテーブルの端に立っている相棒、つまり賭けをする人にその情報を送ります。(相棒はイヤフォンで情報を受け取ります。)予測された数はビーっという発信音の長短で表されたり、またはコンピューターの自動音声によるものであったりします。情報が賭けをする役の人に伝わるまでにかかる時間は1秒以下とされています。賭けをする役の人が情報を受け取ると、それを元にベットを開始します。

プレーをするルーレット盤を特徴づけるために、プレーヤーは原始的なデータプログラムを使います。そのプログラムは予測を計算することはできませんが、その代わりプレーヤーがプッシュボタンを押すたびにタイムパルスを集め、保存することができます。このタイミングデータはプログラムの配列上に、または個別のデータファイルに保存されます。ホイールヘッドの減速度を示すだけのデータを集めるにはそんなに大変な労力がいるわけではありません。ルーレット盤の近くに陣取ると、タイミングを計る役の人はホイールヘッドが回転する度にポケットのスイッチを一回押します。回転速度は徐々にゆっくりになっていきます。タイミングを計る役の人はチップを置いているエプロンの向こう側に決めた基準点に注目し、シングルのゼロまたはダブルのゼロがその基準点を通過する度にスイッチをクリックします。タイミングのデータはホイールヘッドの減速度の曲線によって変わります。ルーレットボールを使ったデータの収集はより複雑になってきます。タイミングを計る役の人は、ルーレットのボールが基準点を通過する度にポケットのスイッチをクリックします。ここで注意すべきことは、最後のクリックはボールがルーレットのトラックから落ちてホイールヘッドに入る瞬間を正確にとらえるという事です。このような情報はデータベースを作るのに必要で、いかなるスピードでもボールが落ちるのにかかる相対的な時間を示しています。

次にタイミングを計る役の人がすることは、ボールが落ちた場所を記録することです。これを可能にするために、タイミングを計る役の人は頭の中でボールのデフレクタを使ってルーレット盤の外周を8から16分割します。8分割にするか16分割にするかはプレーヤーがどれだけ正確にプログラムしたいかによります。分割されたセクションは1から8または1から16と番号を打たれます。そして基準点に印を付けるとスタート地点から時計回りに数えていきます。ルーレットのボールがトラックから落ちると、その落ちたセクションの番号をコンピューターに入力します。タイミングを計 る役の人は、ディーラーが次にボールをスピンするまでの間にこの作業をします。すべての情報がボールのデータベースへ収められると、どこでボールが落ちてもそのセクションが分かるようになります。

さて、これまでルーレット盤の特徴に関する情報が集められました。これらの情報は評価され、調整され、精査され、またプログラム用に再び新しい情報として形成されます。そのためにも二つのデータプロセスのプログラムが使われます。一つはボール用に、もう一つはホイール盤用のプログラムになります。

詳細情報フォーム

いつでもどこでもカジノを楽しむ

フォローする

お客様の声Yuta Koizumi
料理人

kiikogenカジノは画質、音声、演出ともに最高のオンラインカジノサイトを紹介しています。私はスロット大好き人間なのでいつでもどこでも気軽にスマホでスロットが楽しめるのは大変助かります。いつも仕込みの合間や休憩中などサクッと稼いでおります。

お客様の声Teru Sanada
会社員

パソコンが苦手な自分にはオンラインカジノなんて到底無理だろうと思っていましたが、kiikogenカジノさんのおかげで携帯でもオンラインカジノが楽しめることを知りました。通勤電車の中やお昼休憩の時などに手軽に本格的なカジノゲームが楽しめるなんて最高ですね。

当サイトに寄せられたメッセージ